ファリネがどんな時でもあなたを応援

ファリネを効果的に使い、自分の人生を変えていこう。

 

多汗症で一年中手汗がひどい私は、
赤ちゃんのように手が湿っています。

 

ボールペンを使っていてもべたべたになり、紙は波打ってきます。

 

私は仕事で、ほかの人の手に触れることがあります。
相手の人は、気持ち悪いんじゃないかなと思ってしまいます。

 

なので、人と接すると思うと、急に手汗がどっと出てくるんです。

 

たぶん精神的なものもあるんでしょう。

 

だから、ファリネを持っているというだけでも、すごく安心材料なんです。

 

そして、ファリネをつけておけばさらに安心。

 

こんな安心効果って、手汗に大事なんだなって、実感しています。

 

ファリネは、容器が小さくて、持ち運びも便利、
なかなかオシャレな容器なので、つけるのも気になりません。

 

私の仕事でのパートナーになっていますね。

 

汗かいてますよ、寝ているときに

人間は就寝時に誰でも発汗をします。
それは睡眠が深くなると視床下部の発汗中枢の体温のセットポイントが下がり、体温を上げようとして汗をかくからです。
特に最初に睡眠が出深くなった時に多くの汗を描く傾向があります。これらの発汗は寝汗といっても全く生理的なもので異常ではありません。
汗のタイプも運動後に書くようなサラサラとした汗です。
ところが目安の中でも投函と呼ばれる種類のものがあります。では頭部や首から胸の周りを中心にねばっこい汗をかくもので、虚弱な人や、精神不安の1 、慢性の消耗性の疾患の人に多く見られます格好詳細は158頁参照)
こちらは治療の必要があり、病気が治癒すれば寝汗も減少します
もう一つは健康な人でもよくあることですがこよる夢を見やすい人が何か興奮するような夢を見た時に一時的に温熱性発汗の中枢を刺激して多量の汗をかきます。このタイプの汗は朝方にレム睡眠をしているときに夢を見やすいため起こりやすく、朝パジャマが駆除駆除になっているため気になる人がいます。
その一方で不眠症の人は汗をかきにくいという事実もあります。
インゲンの温度体温は日大変動と言って、昼体温が上がりよる下がると言う出雲を保ちながら健康を維持しています。夜に体温が低下に伴って基礎代謝が下がり、プチ冬眠のような状態になることで熟睡できるのです。そのため、葱華2生理的な寝汗をかいて、体温を下げることが大切になります。ところが汗をかきにくい体質の人が体温が高い状態が付いたままで寝ると、基礎代謝が下がらずプチ冬眠域に入りにくくなります。例えば風呂上がりにすぐ冷房にあたり、皮膚温が下がることで汗が止まり、まだ十分に道が下がらないままで良い寝ると寝付きが悪くなるのはそのためです。
つまり不眠症の人は、体温を効率よく下げるための良い日汗をかきにくいこと、すなわち感染機能が貴重であると言えるのです。
ですから、不眠症の対策として、汗腺トレーニングや有酸素運動で観戦の働きを良くしてあげることも有効なのです。トレーニングによって効率よく汗をかけるようになった汗腺は睡眠時に有効な寝汗をかきプチ冬眠のために最適の音をもたらすでしょう。
それだけではありません。汗腺が鍛えられて、体全体にいい汗をかきやすくなった体は代償性の発汗をする必要はありません発汗中枢は外で10分汗をかいているから、他の汗はほどほどに)と言う発汗勢発汗抑制の命令を出すようなのです。その結果局所的多汗も克服できるのです。

 

寝てるときはファリネをつけないです。

ワキガを判断するには

手汗と腋の汗は成分が違うので、手汗でにおいがすることは少ないです。
ファリネはニオイには効かない。

 

自分の体臭が、本当に他人に迷惑をかけたり、嫌われてしまうほど強いものかどうかは、 体のニオイで悩む人にとって大変な関心事です。
日常生活では、ある人に多少のワキガ臭があったとしても、まわりの人はさほど気にもかけないものです。しかし、悩んでいる本人にとっては一大事であり、自分の体のニオイの程度がどれくらいなのかを正確に知りたいと思うのは自然なことです。
一般的には、特別鼻のきかない人でもないかぎり、ワキガかどうかは、その独特のニオイから、自分自身でも嘆覚で常識的に判断することは可能です。
ただ、その程度をより正確に知りたい場合、また自分のワキガ臭に慣れてしまって感じなくなった場合には、私の長年の診療経験で得た次のようなチェック項目が参考になります。 ここでは、それらの条件について少し詳しく説明することにしましょう。

 

@耳アカが軟らかい(アメ耳)
ワキガ体質かどうかを判断するもっとも大切な項目です。強いワキガ体質の人では、まず 100パーセントの人の耳アカが湿っています。
外耳道がェクリン腺の存在しない数少ない部位であることを考えれば、これは有効な判断法だといえます。つまり、外耳道が湿っているということは、特別な耳の病気がない限り、 もうーつの汗腺であるアポクリン腺からの汗が原因であると考えて間違いないからです。
もともと、耳ァカの原料を分泌する耳道腺(耳垢腺)も形態的にはアポクリン腺の一種であり、この場所に多数のアポクリン腺があるということは、同時に、肢の下にも多量のアポクリン腺が存在すること(つまりワキガ体質である)を示唆するからです。
同時に、私は外耳道にどの程度毛がはえているかも参考にします。なぜなら、アポクリン腺は必ず毛根のところに開口するからです。
また、遺伝的にABcc11という遺伝子の塩基配列がAGやGGの人は、耳アカが軟らか
いことが知られています

 

A下着の肢の部分に色がつく(黄染する)
これも重要な条件です。下着や制服をすぐ着替えてしまう場合にはわかりにくいかもしれませんが、白い下着を繰り返し長く着用すると、肢にあたる部分が黄ばんだり、黄緑色になったりすることがあります。この原因は、アポクリン腺の分泌液の中に含まれる、鉄分やリポフスチンなどの色素成分です。
下着の黄染は、アポクリン腺の分泌がもっとも盛んな思春期に多くみられます。成人した現在みられなくても、学生時代にそのような黄染の経験があれば、 一応参考にはなります。 ただし、下着類が着色する原因には、市販の制汗剤によることもありますので、必ず制汗・防臭剤を使用していないときの状態で判断する必要があります。
B肢毛が比較的多い
肢毛が濃いということも大切な条件です。
なぜなら、アポクリン腺は、エクリン腺と異なり、必ず毛根に一致して開口しているからです。肢毛が多いということは、そこにアポクリン腺が存在する可能性を示していることになります。
ただし、肢毛が多いからといって、必ずしもアポクリン腺が多いとは限りません。私の長年の診療経験からいうと、患者さんが女性か男性かによって、肢毛による判断の仕方が違います。

 

女性では、毛が多いだけでなく、毛が比較的太く、毛根や毛球も大きめで、 一本の毛穴から二本の毛がはえている毛の割合が多い場合には、アポクリン腺が多数存在しています。

 

男性では、逆に猫の毛のように、細くサラッとした肢毛の人にアポクリン腺が多数存在しています。まれに、男性の方で肢毛の部分に白い粉のようなものが付着している場合がありますが、そのような人はほぼ間違いなく強いワキガ体質と断定できます。これはアポクリン腺の分泌物の残漬が結晶状態となって毛に付着したものだからです。
また、肢毛だけでなく、ときには乳輪の周囲の毛が多かったり、乳輪部にツブツブした膨らみが多いかどうかも参考になります。これらの部分も、アポクリン腺が存在する可能性のある場所だからです

 

C遺伝関係がある 58
ワキガ体質は、遺伝的に親から子に伝わります。優性遺伝であるため、親がワキガ体質であれば、子に3割程度遺伝する確率があるといわれています。
また、少なくとも両親のどちらかか、兄弟の誰かに耳アカの軟らかい人がいることも多いのです。
D肢の下の多汗
最後は、やはり肢の下に比較的多くの汗をかくことです。この場合の汗は、精神的な緊張や気温の変化などとあまり関係なく、常時湿っている傾向があります。また、エクリン腺の汗と異なり、やや粘り気が強いことも特徴です。強いワキガ体質の人で、ニオイには慣れてしまって気にならないが、多汗のほうは気になるといって手術に来院される人も多いのです。
ワキガ体質の強弱は、以上の5つの条件から総合的に判断することによって、素人でもある程度まで知ることができ、ワキガの自己診断法として十分利用することができます。

 

 

 

神経ブロック、どうしよう、ファリネがいいな

神経ブロックの原理は、発汗神経の構造を理解すればよくわかります(45ページ図4参照)。
脳の視床下部から出発し末梢へ向かう発汗神経は、脊髄を下って頚髄の最下部や胸髄までいきます。今度は、そこから横に向かう交感神経繊維となり、いったん脊髄の両側を上下に走っている数珠状の交感神経の幹に入ります。そして最後は、そこから末端の皮膚の汗腺に分布していきます。
神経ブロックとは、このような交感神経の繊維が集中する幹や節の部分を破壊することによって、それ以降への神経の伝達を止めることをいいます。
このような神経ブロックには二通りの方法があります。
一つは、首の頚髄のところにある星状神経節でブロックする方法です。この治療法は本来、 メニエル症候群や顔面神経麻癖などの治療として、血行改善や自律神経調整の目的で施行されていました。しかし、この治療法を施した患者さんが、手のひらの発汗も減少することがわかり、多汗症の治療にも応用されることになりました。
この治療法にはある程度確実な効果が期待できる反面、難点もあります。それは、術者の技術レベルの違いによって効果が違ってくること、多量の麻酔薬を用いる必要があること、 体の片側ずつしか行えないこと、なかには効果が持続しない人もおり、その場合は何度も治療しなければならないこと、などです。
そこで近年、より効果的な神経ブロックの方法として、内視鏡下胸部交感神経節切除術が考えられました。これは、全身麻酔下で、両側胸部や肢の下に切開を加え、そこから内視鏡 (胸腔鏡)を入れ、観察しながら直接胸部の交感神経節を物理的に焼き切ってしまう方法です。 前述の星状神経ブロックのような局所麻酔薬を注入する科学的方法に比して、効果も確実で持続性も優れています。
ただこの方法は、入院設備のきちんと整った施設で、相当な経験のある医師から施術を受けるべきです。なぜならこの治療法は、神経節の焼灼が適切でないと、皮膚感覚が変わったり、温度のちょっとした変化にも違和感を感じるようになることもあります。また、手のひらの汗は減ったとしても、胸部や腰部、足の汗が増加して、今度はその部分の多汗で悩むことになる可能性もあります。この 「代償性多汗」 の副作用は、手のひらの汗の悩み以上の深刻な悩みとなることもあります。
いずれにせよ、神経ブロックは、専門医に相談の上、慎重に行われることをおすすめします。

 

副作用が怖いので、ファリネを使いたいと思いました。